2010/04/28

偽造品の輸入販売で一儲けしたい方へ

今に始まったことではないのですが、いかにも素人っぽい偽造品販売業者を相手にすることがあります。インターネットオークション等、一般人が手軽に商品を販売できる環境が整ってきたことに加えて、長引く不景気のもと、アルバイト感覚で安易に商売を始める人が多いのかもしれません。

以前の投稿のコメント欄でも少し書きましたが、偽造品の販売には、私がちょっと考えただけでも、以下のように相当のリスクがあります。安易な気持ちで手を出すと大ケガをすることになるでしょう。


1.刑事罰を課されるリスク

各種知的財産法には罰則が用意されていますし、本物だと騙して偽造品を売れば詐欺罪も成立します。

2.民事責任を負うリスク

知的財産権保有者からの損害賠償請求や、買主からの代金返還・損害賠償請求等が考えられる他、商品の欠陥で被害を受けた人からの損害賠償請求も考えられます(偽造品は欠陥品の混入率も高いこと、更に輸入者には製造物責任法の適用があることにも注意すべきです。)。

3.売れ残りリスク

大々的に売りさばける性質のものではありません。売れ残ってしまうリスクは小さくないと考えるべきです。

4.没収・廃棄のリスク

売れ残るくらいならまだマシかもしれません。輸入の段階で税関に見つかって全て廃棄させられる可能性もあるのです。

5.他の仕事やビジネスへ悪影響が及ぶリスク

偽造品を扱っていることが知られれば信用低下を招き、他のビジネスを失うことになりかねません。会社員の場合、会社に懲戒される恐れもあるでしょう。


いかがでしょうか。決して割のいいビジネスではありませんよね。もしかしたら、ゴールデンウィークに海外へ偽造品を仕入れに行こうと計画している「新規参入者」がいらっしゃるかもしれませんが、上記を読んで是非ご改心を。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
↑ よろしければクリックをお願いします