2010/06/01

引き続き改造ゲーム機の摘発に関して

にほんブログ村というサイトのブログランキングに参加しています。末尾に記載しているバナーをクリックして頂くと、その数に応じて順位が上がるというシステムなのですが、風邪を引いたりしてしばらく更新をしないでいたら、どんどん順位が下がってしまいました。もともと順位を競うために参加しているわけではなく、単純に閲覧者を増やしたいだけなのですが、やはりある程度上位にいたいというのが本音です。というわけで、なるべくご協力をお願いします(笑)。一日一回有効らしいです。クリックして頂くとリンク先には色々な弁護士のブログが載っていますので、それなりに面白いと思いますよ。

ところで、前回及び前々回の投稿で、改造ゲーム機の摘発に際して商標法違反の構成は使いづらいという事を書きました。ですが、愛知県警は果敢に商標法違反で摘発を行っているようです。

改造Wii販売容疑で逮捕 海賊版ソフトのロック解除」 2010年6月1日 asahi.com

調べてみると過去にも北海道警が商標法違反で改造ゲーム機を摘発している事案がありました。

改造PSP売りさばき逮捕 ゲーム機の商標権直接侵害では初」 2008年2月20 日 産経ニュース

多少の困難があっても摘発すべきは摘発するということみたいですね。捜査機関の皆様には是非頑張って頂きたいと思います。もっとも、商標を削除の上で販売されてしまえば、熱意ある捜査機関でも商標法違反での立件は無理でしょう。やはり著作権法か不正競争防止法の改正によって立法的な解決を図るべき問題のように思います。  

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
↑ よろしければクリックをお願いします