2010/08/09

ホンモノの漫画でニセモノ退治

世界知的所有権機関(WIPO)の日本事務所が面白い試みを行っています。「ホンモノ」漫画コンテストと称して、模倣品対策のための啓蒙漫画を作成する漫画家を募集するとのこと。詳細は以下のサイトをご覧下さい。

http://www.wipo.int/about-wipo/ja/offices/japan/outreach/manga/

優勝者によって制作される漫画作品は少なくとも6カ国語(英語、仏語、中国語含む)以上に翻訳され、世界中に無償で配布されるそうです。世界デビューできるチャンスになりますから、プロの漫画家にとっても応募する価値のあるコンテストになるのではないでしょうか。

個人的には、弁護士、弁護士に雇われた調査員(主人公)、偽造品業者、偽造品業者のバックにいるマフィア等々が登場するハードボイルドなストーリーを、寺沢武一先生のような絵で描いてあったら読んでみたいなと思うのですがいかがでしょうか。もっとも、それだと「ニセモノ(模倣品)の粗悪な品質、あるいは、ニセモノの健康、安全に関する懸念とともに、本物の持つ素晴らしさについてふれた啓蒙漫画」を作ろうというコンテストの趣旨とはちょっと方向性の違う作品になりそうですね。

いずれにせよ「ホンモノ」の漫画というにふさわしいクオリティーの高い作品を期待したいところです。楽しみに待ちたいと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
↑ よろしければクリックをお願いします