2010/09/08

マジコン業者、いよいよ窮地に?

本ブログでも度々取り上げている改造ゲーム機の問題(「『おまけ』を付けたばっかりに・・・」、「Wiiに続いてPSPも」、 「引き続き改造ゲーム機の摘発に関して」)ですが、文化庁長官の諮問機関である文化審議会の著作権分科会法制問題小委員会が、規制の強化に向けて検討を開始したようです。色々なメディアが取り上げていますが、私がネットで見つけた中では次の記事が比較的詳しく報じているようですので、興味のある方はご一読下さい。

『マジコン』の規制強化目指し著作権法改正へ――文化審」 2010年9月7日 PC Online

この問題に関する車の両輪ともいえる著作権法と不正競争防止法の双方を改正していかなければならないので、不正競争防止法の担当官庁である経済産業省との調整も必要になってくるようです。知財立国を標榜する日本なのですから縦割り行政に陥らずに早期の対応をお願いしたいものですね。せっかく弁理士が首相をやっているのですから、官邸にも積極的に調整してほしいと思います。もっとも、その前に首相が代わる可能性もかなりあるわけですが・・・。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
↑ よろしければクリックをお願いします