2010/12/17

その肉、本当に松阪牛ですか?

お歳暮の季節ですね。ブランド牛肉を贈った、贈られたという方も多いでしょうが、そのお肉大丈夫ですか。こんなニュースがありました。

九州産を『松阪牛』と偽装 井筒屋の肉店、倍の値で販売」 2010年12月16日 asahi.com

デパートにテナントとして入っていた精肉店が松阪牛と偽って九州産の牛肉を販売したというもの。偽装した張本人はテナントである精肉店なのに、デパートの名前ばかりが前面に出てしまい少々気の毒ですね。確かにデパートのテナント契約の場合、単なる建物の賃貸借と違ってテナントに対して介入できる権限が大きいのが普通だとは思いますが、だからと言ってテナントの偽装行為まで防止できるかというとなかなか難しいのではないでしょうか。

ところで「松阪牛」は地域団体商標として登録されています。すなわち、今回の件は商標権侵害を構成する可能性も高いわけです。牛肉を購入したお客さんへは代金を返却するそうですが、商標権者が賠償請求してきた場合の対応も考えておかなければならないかも。以前の投稿(「偽装表示をしてでも売上げを伸ばしたい方へ」) でも書きましたが、やはり偽装の代償は大きいと言わざるを得ないようです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
↑ よろしければクリックをお願いします